縁は目的ごとに合ったデザインで【額装見本 3】

油彩、デッサン、水彩、色紙、写真、ポスター、賞状額、刺繍、ユニフォーム、カメオ、皿など、様々な装飾用途に合わせて最適な額縁をご提供致します。数が多すぎて、どう選べば良いのかわからないというお客様は、どうぞお気軽にご相談ください。

ボタニカル-1.jpg

ボタニカルアート

こちらのボタニカルアート作品の額装は、展示の際に映えるよう、
太めの幅のウッドで大きめの額にして、広いマットの部分にも、
額のようなフレーム柄のテープで奥行き感を持たせました。
作品のスケール感を出すのに適した方法です。




ボタニカル-2.jpg

ボタニカルアート

作品のカラーに合わせた額装としてマットのテープにはグリーン系を
使用しました。額は虫食いの穴を活かしたもので、年月が経った表現が出来ますので
自然をテーマにした作品に最適です。




ボタニカル-3.jpg

ボタニカルアート

ゴールドの額は、ゴージャスなイメージを出すのに最適です。
グリーン系とゴールドはマッチする色なので、明るく華やかな
雰囲気を出しつつ、作品と額が引き立て合います。




DSC00912.JPGDSC00915.jpg

屏風・衝立

屏風や衝立の制作。
お客様のご要望にお応えして現代風の仕上げも行いますのでマンションの和室等にも比較的合うように制作いたしますのでお気軽にご相談ください。




ユニフォーム-1.jpg

ユニフォームの額装

記念のユニフォームも額装してコレクションすると、さらに価値がアップします。
コレクションとして眺める時も、満足感が違います。
ガラスで保護されてため、ほこりの心配も有りません。




絵皿-1.jpg皿額装2.jpg  

絵皿の額装

絵皿を飾る時は、足を付けて立たせるイメージが強いかもしれませんが、
それよりも、高級な額に入れて展示すれば、美しさもさらにアップします。
また、しっかり額に固定されていますので、皿の保護にも役立ちます。