近に置ける有名画家などの作品

店主が海外から仕入れた絵画やデッサンなどの作品を販売しております。
ご要望が有りましたらお取り寄せも致します。

藤田嗣治(レオナール・フジタ)鉛筆デッサン「婦人像」

鑑定書付 サイズ:27.0×20.1cm

fujita01.jpg






藤田嗣治:1886年11月27日〜1968年1月29日

東京都出身の画家・彫刻家で、フランスにおいて最も有名な日本人画家です。
猫と女を得意な画題とし、日本画の技法を油彩画に取り入れつつ独自の「乳白色の肌」と呼ばれた裸婦像などは西洋画壇の絶賛を浴びました。
この鉛筆デッサンは鑑定書付き


売却済

藤田嗣治(レオナール・フジタ)ペン画「階下の情景」

鑑定書付 サイズ:33.9×25.61cm

fujita02.jpg






藤田嗣治:1886年11月27日〜1968年1月29日

娼婦の館をテーマにした群像のペン画
1951年作


売却済

押元一敏(Oshimoto Kzutoshi)日本画3号 「星降る夜」

押元一敏.jpg1970年 千葉県に生まれる。
1995年 東京芸術大学美術学部デザイン科卒業 東京芸術大学安宅賞 個展(ギャラリーアリエス)
1996年 「ミニアチュールとガラス絵展」(森田画廊 以後毎年)「7人の具象画展」(ギャラリークボタ 以後'97)「次代の表現展」(おぶせミュージアム・中島千波館 以後'01まで)
1997年 東京芸術大学大学院美術研究科修士課程デザイン専攻修了(描画造形/中島研究室) 修了制作にてデザイン賞 「次代の表現展」(大三島美術館)(以後'98)
1998年 三溪日本画賞展大賞 裸の衣裳展」(福原画廊)
1999年 「4人展」(佐藤美術館) 個展(銀座スルガ台画廊)、(福原画廊 以後'01)
2000年 東京芸術大学大学院美術研究科博士後期課程美術専攻満期退学 個展(東急本店 以後'02)、(柴田悦子画廊)、(おとまつ画廊 以後'02)
2001~03年 京芸術大学美術学部デザイン科非常勤講師
2001年 やぶのなか 東京芸術大学デザイン科描画造形研究室展」 (ギャラリー青羅 以後’04まで)
2002年 個展(森田画廊 以後’03、’04) 宙(SORA)展」(千葉三越 以後’04) 個展(三越日本橋店) 東京芸術大学美術学部デザイン科常勤助手 個展(そごう横浜店) 2004~07年
「波濤の会」(松坂屋銀座店/松坂屋本店 以後’06、’09) 2004年 東京芸術大学美術学部デザイン科非常勤講師 2005年 東京藝術大学デザイン科描画系「ShinPA!!」
2007年~ (おぶせミュージアム・中島千波館 以後毎年) 個展(新生堂) D-Party展」(77gallery) 梁舍フィレンツェ賞展<佳作> 日本の美」展(天満屋広島八丁堀店/米子店/高松店) 個展(そごう広島店)
2009年 個展横浜美術大学准教授 (そごう神戸店/柴田悦子画廊 以後’11/西武旭川店)
2010年~ 「波濤の会」(松坂屋銀座店/松坂屋本店/井筒屋小倉店)
現在 日本美術家連盟会員


高野三三男(Kouno Misao)油彩画 サムホール「泰山木」

高野三三男.jpg
1900年 東京に生まれる。府中第一中学卒業。1921年 本郷洋画研究所に入所し、岡田三郎助に師事する。
1924年 東京美術学校西洋画科中退。(同級に小磯良平、牛島憲之、荻須高徳、猪熊弦一郎など)渡欧(~1940)サロン・ドートンヌなどに出品。
1929年 二科会展でニ科賞受賞。
1930年 ベルネーム・ジュヌ画廊で個展開催。
1931年 二科会会友となる。1937年 一水会に会員として参加。新文展無鑑査、のち日展評議員、参与を歴任。
1940年 藤田嗣治とともに帰国。帰国後一水会の会員として、毎年作品を出品。
1954年 現代日本美術展で大衆賞受賞。1979年 6月3日、東京で歿。


山下清 リトグラフ198/300 55×49㎝ 「日本平からの富士」

山下清.jpg1922年 3月10日 東京市浅草区田中町に生まれる。
1928年 浅草の石浜小学校に入学する。
1934年 千葉県の養護施設「八幡学園」に入園する。
1940年 11月18日 突然、放浪の旅に出る。
1954年 鹿児島にて放浪生活を終える。
1961年 ヨーロッパ9カ国を訪問する。
1971年 7月12日 他界 (享年49歳)


松井ヨシアキ 油彩画3号 「夜の散歩猫」

松井ヨシアキ.jpg
売却済
1947年 福井市生まれ。
1972年 大手町画廊で初の個展を開く。
1984年 「第19回昭和会展昭和会賞」を受賞し、脚光を浴びる。
1995年 パリで個展を開く(以後2010年、2012年に開催)


藤井 勉(Fujii Tutomu)油絵0号「ねこ(マリー)」

藤井勉.jpg1948年 秋田県で生まれる。
1971年 岩手大学教育学部特設美術科卒業。
1976年 第20回シェル美術賞展で佳作賞受賞。
1977年 第12回昭和回展で優秀賞を受賞。
1978年 東京セントラル絵画館で個展を開く。
1979年 日動画廊で個展を開く。
1980年 第23回安井賞受賞。
1981年 東京セントラル絵画館で個展を開く。
「藤井 勉 画集」講談社刊行。
1983年 第26回安井賞展、佳作賞を受賞。
FIAC'83(パリ・グランパレ)個展。
1984年 小泉智英と二人展を開く。(日本橋高島屋)
「白い山脈 藤井 勉 画文集」求龍堂刊行。
FIAC'84(パリ・グランパレ)個展。
1985年 『藤井勉自選画集』(求龍堂)、『藤井勉第二画集』(講談社)刊行 。
1986年 画文集「たなこころ」画・藤井勉、文・藤井智恵子 求龍堂刊行。
1989年 上村淳之と二人展。


金森宰司(Kanamori Saiji) 油絵25号 「メリーゴーランド」

金森.jpg
売却済
東京芸術大学美術学部油画科卒時に大橋賞を受賞し大学院、大学研究生へと進んだ画伯は、1981年の新制作協会展で初入選、以後入選を続け、1982年、84年、86年は新作家賞を受賞します。
また1983年東京セントラル美術館油絵大賞展佳作賞、84年昭和会展優秀賞、84年具象現代展大賞を受賞し、洋画壇の最精鋭として注目を集め1989年の安井賞展に入選賞候補となり、同年文化庁在外研究員として渡仏、パリ装飾美術学校教授の研究所にて、マチスの研究のためパリに1年間滞在します。
また同時期に千葉大学工学部工業意匠科専任講師としてグラフィックデザインの指導と研究を行います。
そして1996年、97年の小磯良平大賞展に入選を果たし1999年に、こどものとも絵本を制作します。その、こどものとも絵本「黒いマントのおじさん」が2000年のイタリア、ボローニヤ児童賞大賞を受賞。おおらかでユーモラスなモチーフが絵画ファンより絶大な人気と高い評価を得、まさに次代を担う洋画家です。