市内の公民館へ300号の日本画を設置


村松秀太郎プロフィール

1935年 静岡県清水市生まれ
1961年 東京藝術大学卒業、新制作協会展初入選、以降毎年出品
1974年 新制作協会より日本画部が独立創画会となる。以降、毎年出品
1986年 個展(銀座・東京セントラル美術館)
1988年 筑波大学教授
1997年「失楽園」(日本経済新聞社・渡辺 淳一著)挿絵
2001年 増上寺落慶法要天井画制作(中広間 『双龍と天女』)
2003年「家康と次郎長の握手」(村松友視著) 挿絵、
2000年 大阪芸術大学教授
2008年 大阪芸術大学教授退官、創画会脱退